コンセプト

茨城県最高品質農産物研究会
高品質農産物生産基準

今まで農業は生産性と経済性を重視した中で農産物の生産拡大がすすめられて来た。しかし、その一方で自然・生態系の破壊、化学物質汚染、土壌の劣化、砂漠化の拡大、水質汚染などは生産地域にとどまらず地球規模での環境破壊を招来し、次世代に遺すべきより良い地球環境を危うい状態にしつつある。

それは「自然と生態系の循環に配慮したものづくり」・「再生可能・資源循環を基本とするものづくり」・「品質と安全性を第一とする経済活動」を柱としたサステイナブル(注1)なビジネスのデザインが農業分野に欠落していたためである。そのため、私たちはサステイナブルな農業ビジネスとしての基本コンセプトを明確にすると共に高品質農産物生産基準と評価システムを構築し、科学的エビデンスのある農産物を生産することが必要である。

そのため以下のような1.1から1.6に示された基本コンセプトとそれに基づいた項目と基準、評価システムからなる。

[注1] サステイナブル:日本では一般に「持続可能な社会、持続可能な経済活動」と訳されているが、欧米では通常「循環型の生態系・自然のめぐりを大切にし、そのデザインをもった持続性のあるものづくりや経済活動」を意味する。

1. 基本コンセプト

1.1 科学的に実証された安全性
農産物の安全性が科学的エビデンスに基づいていること、その品質が「安全性」「おいしさ」「健康のための機能性・栄養」を担保にしていることが必要である。

1.2 生き物の多様性を存続させて生態系を維持する
農産物生産には、その耕作地域の水や土壌の環境と微生物を含め生き物の多様性を十分に認識し、自然・生態系に配慮した農産物生産であること。

1.3 自然・資源循環型エネルギー
農産物の生産におけるエネルギーは従来のように化石燃料だけに頼るのではなく、自然エネルギーや資源循環による再生産エネルギーを活用することに努力する。

1.4 自然にとって最も大切で有限な水資源を大切にするとともに地域の水環境に影響を与えない農産物生産であること。

1.5 経営者は農業に従事する人の安全と健康を維持するための責任をもつことは農産物生産に不可欠な要素である。

1.6 「農業教育」は自然を大事にし、食のあり方・食育を考え、生命・環境の大切さを認識するとともに、サステイナブルな農業ビジネスを推進するための農業の担い手を確保・育成、また農業のよき理解者・支援者を得て地域社会との連携と協働も重要な事項である。

2. 農産物生産の基準

生産された農産物は科学的エビデンスを確保している。安全でおいしさと高機能性成分を確保している高品質農産物であること。

農産物に病原性細菌が検出されない
《病原性細菌》
ビブリオ属菌 ウェルシュ菌
黄色ブドウ球菌 エルシニア
サルモネラ属菌 エロモナス
カンピロバクター 赤痢菌
病原性大腸菌 コレラ菌
腸管出血性大腸菌 プレジオモナス
パラチフス菌
チフス菌
残留農薬基準 ND mg/Kg (表-1)
硝酸濃度暫定目標基準(注2)

[注2] 野菜、果物などの農作物中の硝酸濃度はおいしさと品質に、さらには出荷後の品質維持、保存性に大きい影響を及ぼす。また高濃度の硝酸は人の健康に影響を及ぼすことが懸念されている。従って表-1に示すような暫定目標基準を定めた。

表-1 農作暫定目標基準
測定項目 単位 研究会基準値
残留農薬 (mg/kg) ND
重金属 Cd (mg/kg) <0.1
Pb (mg/kg) <0.1
As (mg/kg) <0.1
Cr (mg/kg) <0.1
Hg (mg/kg) <0.1
硝酸イオン 玄米 (mg/kg) <10
大豆 (mg/kg) <10
じゃがいも (mg/kg) <10
さつまいも (mg/kg) <10
ねぎ (mg/kg) <500
キャベツ (mg/kg) <800
レタス (mg/kg) <800
白菜 (mg/kg) <1000
大根 (mg/kg) <1000
ニラ (mg/kg) <1000
ほうれん草 (mg/kg) <1000
水菜 (mg/kg) <1000
ベビーリーフ (mg/kg) <1000
小松菜 (mg/kg) <2000
チンゲン菜 (mg/kg) <2000
みつば (mg/kg) <2000
みつば(水耕) (mg/kg) <3000
キュウリ (mg/kg) <200
ニンジン (mg/kg) <50
えだまめ (mg/kg) <50
トマト (mg/kg) <10
イチゴ (mg/kg) <10
ブドウ (mg/kg) <10
表-2 抗酸化力(AOU)評価基準
抗酸化力(AOU)
ORAC法 (μmol/g) 測定値及び濃度レベルを記載する
ビタミンC (mg/100g) 測定値を記載する
総ポリフェノール (mg/100g) 測定値を記載する

濃度レベル表示例
☆☆☆☆ : 大変高い
☆☆☆   : 平均レベルより高い
☆☆     : 平均レベルより高い
☆       : 平均レベルより低い

3. 生産工程

農地土壌構成成分を理解している

その生産地域の地質を事前に把握し、土壌分析をしている

肥料と堆肥

1. 基本は成分分析値のある完熟堆肥を用いること。
2. 不完熟堆肥を用いてはならない。
3. 堆肥製造には落ち葉、家畜の糞尿、廃棄野菜、食品残渣などを活用している。
4. 下水汚泥堆肥、下水汚泥混入堆肥は用いてはならない(重金属汚染)。
5. 豚糞や鶏糞を堆肥化する場合は飼料に混入されている恐れのある銅や亜鉛などの重金属による農業土壌汚染に注意する。
6. 堆肥中の肥料成分と重金属や有害化学物質の含有量を分析している
7. 土壌の肥料成分や作物の種類に応じた適量を施肥する
8. 完熟堆肥を基本とし、不足成分は化成肥料、ミネラル副資材を使い補う。

完熟堆肥の判定基準

1. アンモニアが検出されなくなることおよび窒素分はすべて硝酸態窒素になっていることが重要である。
2. 堆肥の温度が外気と同じであることを確認する。
3. 酸素の消費量が進行していないことを確認する。

農薬

1. 農薬使用回数と量(濃度)は可能な限り減らす。薬歴は正確に記録する。
2. 農産物の生育状況や環境状況に応じ農薬(殺菌剤、除草剤)を使用する場合は適切な回数と適量に努める。
3. 生食野菜には農薬を使用しないことを基本とする。
4. 生産された農産物にはいかなる農薬も不検出であることを確認する。従って本基準では国が定める農薬残留基準は成立しないため準拠しない。
5. 葉物野菜等に農薬散布した場合、野菜中の硝酸濃度が1.5~1.8倍高くなることを認識すること。
6. 農薬を使用しないで生産できる手法開発に努める。

種苗

1. 遺伝子組み換え種子を使わない
2. 地域伝統野菜・根菜類を大事にしながら後世に伝える

生産・流通

1. 生産には再利用可能な資材や自然還元が早い素材をできるだけ使う
2. 廃棄農産物や使用済みの資材の資源循環を徹底している

4. エネルギー

・化石燃料の使用量を減らすことに努める。
・自然エネルギーの利用率を高める
・資源循環型エネルギーの利用率高める

5. 水

・水の供給源を明らかにしている(水道水、地下水、河川水)
・水質の分析データ情報を管理している
・農産物生産・出荷に関する水の使用の流れが明らかである
・節水対策を実践している
・排水の浄化と水質向上のための管理をしている

6. 社会的責任

・農作業をする人の健康管理・衛生管理などを徹底している
・地域と連携・協働して地産地消を推進する
・流通時の環境に配慮している
・農業者、地域社会と連携して農業教育を実施している

7. 農産物評価システム

このような農産物生産の基本コンセプトと基準を尊守し、実施して行くために、以下のような農産物評価システムを構築する。

7.1 目的

世界トップの農産物を開発するために、企業及び大学と連携し、土壌分析、作物体分析、水質分析、残留農薬分析、重金属分析、栄養価分析などを実施することにより、より安全で安心なおいしい農産物を開発する。そして分析を基礎データとし相互に情報を共有し、農産物品質基準を作成し基準をクリアした農産物及び農産物加工品を、共同で国内及び世界に販売することを目的とする。

7.2 実施内容

分析・評価技術の確立
土壌分析
水質分析
作物体分析及び栄養価分析
残留農薬分析
2.2 研修会及び検討会の実施
2.3 世界トップのおいしい農産物基準の作成
2.4 国内及び世界へ共同ブランドで販売

7.3 研究システム

7.4 基準の考え方

基準はJGAPの重要事項を包含し、更に第三者評価機関による具体的な作物体別自主基準値を設け、より高品質な農産物を生産し、ブランド化及び輸出を目指す。

農産物を生産するための適切な農場管理とその実践

農産物の高品質化

7.5分析・評価項目

7.6 評価専門委員会(外部機関)

本基準、評価項目について適切に実施しているかの評価、分析データの評価、また生産された農産物の質的評価を行うため外部機関として下記のような分野のメンバー構成で委員会を設置する。評価専門委員会に作業部会設け、情報収集、成分分析方法と精度の検討、成分分析とデータ解析を行う。
≪評価専門委員の構成≫
医学、薬学、分子栄養学の専門家、料理研究家、レストランシェフ、ビジネスマネージメントの専門家、研究会代表

注目の生産者!

株式会社 照沼勝一商店

元気な野菜を育てるためには、元気な土と環境を整えなくてなりません。作物・土壌・堆肥の分析を重ね、最高品質を求めて研究しています。

鹿嶋パラダイス

数値に裏付けされた極上の農産物をつくるとともに、人が集まり楽しくおいしい理想郷を目指しています

協賛企業